Column

kimono随想#2
2021.05.27

kimono随想#2

「着物って寒くない?」ー「結構あったかいよ」

「着物って暑くない?」ー「意外とすずしいんだよ、これが」

「きもののお手入れたいへんだよね?」ー「そんなでもないよ、洗わないし」

「キモノ苦しくない?」ー「そう?」

「きもの、お金かかるよね?」ー「この帯、古着で3000円だよ」

今まで私がしてきた受け答えです。

ある日、きものを着てまちを歩いていて、ふと思いました。

たしかに、走れなくないけど走りにくい。

たしかに、腰まわりはあたたかいけど首もとや袖口は寒い。

たしかに、寝転んだりもできるけどはだける。

たしかに、紬の汚れは放置だけど色無地ならクリーニングして3000円。。。。

たしかに、着物は不自由なもの。

たしかにそうだ、そして、この不自由な感じこそが大事なのかも。

(つづく)

関連活動:オキモノ倶楽部

ナノグラフィカ/ナノグラフィカ企画担当、ネオンホールメンバー

たまみ

安曇野市生まれ 門前の暮らしと文化を企画実行中
ナノグラフィカ:〒380-0857 長野県長野市大字長野西之門町930-1

TOPICS